お肌に優しい原料が多い洗顔パウダー

洗顔料はクリームタイプから固形タイプ、ジェル、パウダータイプと様々な種類がありますが、中でもパウダータイプは敏感肌や乾燥肌、アトピー性皮膚炎の方でも使いやすいお肌に優しい原材料を使っている物が沢山発売されています。ではなぜ洗顔パウダーは洗顔料をパウダー状にするのかというとまずは水を入れないので保存料・防腐剤などを添加しなくても良いので低刺激の洗顔料を作る事が出来るという事、そして水を加えて泡立てる事でキメの細かい泡が立つという点からパウダー状で販売しているそうです。さらにキメ細かい泡が立つおかげでお肌の毛穴の汚れや角質を効果的に取り除いてくれるので化粧水や乳液の浸透も良くなるので最近では添加物に刺激を感じる敏感肌の方はもちろんコスメマニアの間で洗顔パウダーが再び注目を集めています。

パウダー状の洗顔料に多く使われている成分

まずパウダー状の洗顔料に多く使われている成分としては酵素が挙げられます。酵素はお肌のいらないたんぱく質や皮脂を分解してくれるので角栓や古い角質を除去し、毛穴の広がりにも効果的に働きます。中でも多く配合されているのはパパイヤ酵素、パイナップル酵素ですがパパイヤ酵素は熱にも強い為ぬるま湯で洗顔をしても十分に効果を発揮してくれます。他にも使用されている成分で多いのがアミノ酸系の洗浄成分で、アミノ酸系の洗浄成分の特徴としては汚れだけをすっきりと落とし、必要な皮脂を守るので洗い上がりがとにかく優しくツッパリ感が少ないという点です。また天然由来の保湿成分や天然成分で出来た汚れ吸着成分を配合しているタイプもあり、どちらにしてもお肌に刺激を与えず優しい使い心地です。

美肌の秘訣パウダー洗顔の泡立て方

洗顔パウダーはよく泡立てる事でその効果をさらに実感できます。ではどのようにしたらしっかりとしたもちもちの良い泡が出来るのかというと、洗顔ネットを必ず使う事と手についている汚れや皮脂を洗ってから泡立てると良い泡が出来ます。まず手を洗った後、泡立てネットを十分に濡らし適量の洗顔料を振りかけます。そしてよくネットを揉みこむようにしながら水やぬるま湯を加えて泡を大きくしていきます。このときに一気に水やぬるま湯を加えてしまうと上手く泡立たずに洗顔料だけが流れ落ちてしまうので様子をみながら泡立てて行くと良いでしょう。こうして立った泡をまずはぬるま湯であらかじめ顔を予備洗いした状態でTゾーン、Uゾーンの順番で洗っていき最後に目元と口元に泡を付けて洗うとバランスよく洗いあげる事が出来ます。

可愛らしいさまざまなデザインがあり、洗って再利用できるから環境にも優しい布ナプキンを全国に配送しております。 初めての方には、2種類の布ナプキンを利用いただける「はじめてセット」がオススメ! 最近話題の布ナプキン。 本社内に販売スペースあり。 布ナプ定期便! 布ナプキンとは思えないほどのかわいさ。 お得! 沖縄クチャ配合洗顔パウダー